アラフィフ♪ マイペースに人生折り返し

プライベートの8割はわんにゃん!それ以外のわずかな記録♪

【ダイヤモンド筑波】神の山 ”筑波山” 年に2度だけの絶景

ダイヤモンド筑波

 

f:id:dogforest:20190215182812j:plain

 

筑波山の山頂から、太陽が昇る時 

まるでダイヤモンドが輝いているように見えるので

そのように言われます。

 

ダイヤモンド富士は有名だと思いますが

それです。

 

チャンスは年に2回

(2月14日頃と、10月28日頃)

ということです。

 (とってもレア~)

 

 

今回は、茨城県の取り組みということで、

近隣(TXつくば駅周辺や、筑波山の温泉街)に宿泊し

そこから、バスで見学スポットである「母子島(はこじま)」へ

連れて行っていただく。という企画へ参加しました。

 

 

同僚と一緒に、13日仕事終了後

筑波山ホテル青木屋」へ宿泊

 

仕事終了後なので、

着いたらすぐにお食事を!

f:id:dogforest:20190215173834j:plain

露天風呂付のお部屋♪ 2016年のG7の時に新たにできたお部屋ということでキレイ♪

f:id:dogforest:20190215174106j:plain

お夕食のメインは牛ステーキ

f:id:dogforest:20190215174212j:plain

茨城と言えばあんこう鍋!少し甘めの味噌味♪ 最後は雑炊で!

せっかくなので、ゆっくりしたいところですが、

何しろ明日の朝は4:50集合と

朝が早いので、後ろ髪をひかれながらも

早めに退散。

 

とはいえ、

関東平野の夜景が一望できる

露天風呂に入るのは必須!

 

露天風呂、景色もきれいで

とても気持ちいいです。

 

お食事同様、もっとのんびりしたいところですが

明日の朝のことを考えると、

ほどほどに・・・泣

 

写真が撮れないので、イメージを(笑)

f:id:dogforest:20190215175123j:plain

日本夜景遺産に登録された、筑波山からの夜景

 

 

翌朝は4:50に、バスが迎えにきてくださり

見学スポットである『母子島』へ。

所要時間は約30分。

 

早朝ということで眠いし

自力で行くより、

寝ながらいけるので

バスの送迎はとてもありがたかったです。

 

ちなみに。

母子島は1986年の、小貝川が氾濫した後にできた

遊水地とのこと。

 

現地に到着すると、

パンフレットと使い捨てカイロと

お土産が配られました。

この日はバレンタインディということで

チョコレートが入っていました。

(素直にうれしい)

f:id:dogforest:20190216172127j:plain

 

その後、ガイドさんの後をついて徒歩5分くらい

撮影スポットと言われる場所へ。

 

歩いている時から、すでに筑波山が視界に入ってきます。

f:id:dogforest:20190215181023j:plain

朝にをバックに、映し出される筑波山(6時頃)

 

遊水地につくと

すでに多くのカメラマンがスタンバイしています。 

f:id:dogforest:20190215180910j:plain

遊水地の周りには多くの人が。だいぶ明るくなってきました(6:08)

この日は、気温マイナス1℃。

例年はマイナス10℃くらいになるというので、

見学者としてはラッキーだったでしょうか。

でも、寒い・・・・・。

 

背中に使い捨てカイロを2つ貼り、

ポケットにもカイロを入れ

万全の態勢で臨みましたが。

f:id:dogforest:20190215181329j:plain

駐車場のテントでは、豚汁や、コーヒーなどのサービスが。

 この日の日の出は6時半頃ということで

ずいぶん明るくなってきましたが、

太陽が、山頂に昇るまではもうちょっと時間がかかりそうです。

 

待っている間、

無料の豚汁をいただきました。

ココロもカラダも温まりました。

具だくさんの、とてもおいしい豚汁でした。

 

その他、コーヒーのサービスや

B級グルメの「筑西焼きそば」の販売などもありましたよ。

 

さてさて、そろそろ・・・?

 

 

f:id:dogforest:20190215181655j:plain

6:46 山の頂上が明るくなり始めました。そろそろかな?

 

カメラを持ったかたたちが

なんだか、あわただしく動きだしました。

 

そろそろかな??

 

今年は、天気もよく

風がないため湖面も波立っておらず

撮影をするには、とてもよいコンディションだそうです。

 

素人の、スマホ撮影でも

こんなにきれいに撮れました! 

f:id:dogforest:20190215181818j:plain

6:56 太陽が顔を出し始めました。 シャッターを切る音が鳴り響きます。

f:id:dogforest:20190215182139j:plain

f:id:dogforest:20190215182210j:plain

f:id:dogforest:20190215182247j:plain

f:id:dogforest:20190215182321j:plain

6:57 みるみる太陽が昇ってきました。1分ほどで、太陽は山頂に。

あっという間でした。

その間約1分くらでしょうか。

 

1時間以上、寒い中で待っていての1分。

 

でも、その価値は大あり。

 

感動の1分です。

 

感動の余韻に浸りながら

アンケートを記入して、バスでホテルへ戻ってきました。

 

ダイヤモンド筑波は2月と10月の年2回ですが、

桜の季節も、桜と筑波山のツーショットが

とてもきれいだそうで、

ぜひ、また訪れたいと思います。

 

ホテルについて

朝食をいただき、

 

昨日は、暗くなってからの到着だったので

楽しめなかった景色を少しだけ楽しみました。

f:id:dogforest:20190215182603j:plain

ホテルのロビーからも、関東平野が一望

 筑波山、昇って関東平野の景色(昼・夜)を楽しみ

下から、筑波山を見て楽しませてくれる

素敵な山(観光スポット)です。

 

この時期は梅まつりもやってますし、

日本夜景遺産にも認定された筑波山

2月24日までは、夜、ロープウェイで山頂に行ける

スターダストクルージングもやっているようです。

 

標高877mと、一番低い「日本百名山筑波山

お楽しみがいっぱいです。

 

機会があれば、足を運んでみてください!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村